前回の記事で取り上げた WordPress テーマフレームワークですが、熟考の末 最もメジャーな Genesis Framework を購入してみることにしました。

とはいえ、Genesis 本体のみで 59.95USドル(さらに子テーマを購入すると追加で 20〜30USドル) ということで決して安くはない買い物。

そこで、十分納得した上での買い物になるよう事前に気になることを色々調べましたので、そのメモ。

ライセンス

  • Genesis 本体に関しては、買い切りで複数サイトに導入可能、商用利用もOKな模様。

Can I use Genesis for clients?(To sell sites to clients, for my hosting company, for multisite sales, etc.)
Absolutely.
You are welcome to use our themes to develop full websites that can be sold. We do not restrict the use of our themes to turnkey sites, assuming they are not hosted by StudioPress Sites.
However, the buyer of the custom site you build with Genesis will not have access to our customer portal, unless they purchase directly from us.

https://www.studiopress.com/faqs/
  • 子テーマについては明文が見当たらなかったが、本体と同じく複数利用・商用利用も問題ないはず。
  • ブラックフライデーの時期にセールをやってるっぽい。11月に期待。

サポート(アップデート)

デザイン

  • 日本語でもデザインはしっくりくるか?
    • Developer Tools で試してみたが、やはりメイリオだと微妙な感じに。游ゴシックか Noto Sans が必要かな。

拡張性

標準的なCMSに加えて、こんなことも WordPress でできたら嬉しいんだけどなー、なポイント

  • MAツールとの連携
    • 「Genesis Framework Salesforce」で検索してみたが、特段情報は見つからず。
    • WordPress や Genesis 側の役割というより、MA のAPI を活用できるかどうか、か。